ウェディングパーティ

1.5次会はどんなカップルにおすすめ?

風船

最近の神戸の結婚式事情ですが、豪華な披露宴をあげるカップルは少なくなっているようです。また、入籍だけというカップルも多く、結婚と披露宴は結びつかないケースも多々あります。とはいえ、何も記念に残らないのは寂しかったり、式は挙げないけどウエディングドレスは着たいという女性に気持ちをくみ、記念撮影だけはするというカップルも少なくありません。
それは費用の問題であったり、神戸での披露宴や式に拘りはないという気持ちの表れかもしれませんが、逆に披露宴をあげたいけど、諸事情であげる事が難しいというカップルもいるでしょう。例えば海外に住んでいて結婚式は現地で行う場合、日本からの招待客には渡航費用の問題も発生しますし、仕事上休みが取れないという人もいます。
そういった場合など、是非おすすめしたいのが帰国時に行う1.5次会です。披露宴のようにかしこまったものではなく、2次会ほどフランクでもカジュアルでもない、所謂お披露目パーティーのようなものが1.5次会です。もちろん、海外に住んでいる人だけでなく、披露宴ほど盛大にはしたくないけど、お披露目として結婚パーティーはしたいというカップルにもおすすめです。
形式はカップルによりけりですが、殆どが会費制の形をとっているので、出席者もご祝儀に悩まなくてすむというメリットがあります。カップルの数だけ結婚に対する思いはありますが、神戸の1.5次会は多くのカップにおすすめできるお披露目会といえるでしょう。

1.5次会の招待状、気をつける事は?

神戸で1.5次会を開くにあたって悩むのが招待状です。
まず考えるのが招待状を作成するかどうかです。つまり、神戸の1.5次会ならメールやLINEなどのSNSを使ってのお知らせでも良いと考えられています。しかし目上の人が多い場合やかしこまった場面も欲しいと思っているのであれば招待状を作成したほうが良いでしょう。出す時期においては神戸の会場側から人数の把握の時期を伝えられるので、それに合わせます。早めに出すとよりかしこまった雰囲気に、2ヶ月ほど前だとカジュアルな印象を受けるようです。
1.5次会だと伝えたいと思っても、さすがに招待状に1.5次会です、と書くのは憚られます。そこで多くの人は「小宴」や「ささやかなパーティ」「挨拶の場(席)」等の表現をしています。しかし、メールやSNS組は直後に「1.5次会って事?」と返してくる事もあり、これらはゲストと主役の関係性によるところが大きいです。
1.5次会の招待状で気をつけなければいけない点は、ドレスコード、会の形式、費用を明記する事です。会費制なのかそうでないかはゲストにとっては重要です。会の形式というのは食事が提供されるスタイルです。特に女性のゲストは立食スタイルの場合、ヒールの高さやバッグなど服装に制限ができます。ドレスコードはそれとは違い、カジュアルな会だから平服で来て欲しい、1.5次会だけれど少し改まった服で来て欲しいなどを記載します。

結婚式で最近流行りの1.5次会について

神戸の結婚式で今最近流行りの1.5次会はご存知でしょうか。1.5次会は披露宴と2次会の中間にあたるパーティのことを指します。2次会ほどくだけすぎない雰囲気なのが1.5次会の特徴です。決まったタイムテーブルはなく、希望に応じてご祝儀制、会費制、着席コース料理、ビュッフェなどが選べれます。その点で1.5次会は人気を誇っています。1.5次会では会費制を選ぶ方が多数の割合を占めています。会費制で1.5次会を選ぶ理由のメリットの1つとしてゲストが気軽に参加できるということがあるようです。
披露宴のご祝儀より会費制の相場の方が安く、ゲストの金銭的負担も軽くたくさんのゲストに気軽に足を運んでもらえる点は非常に良いですね。料理は、神戸の披露宴のように着席してのコース料理とビュッフェスタイルに分かれている様です。
上司や年配の方にはコース料理、友人にはビュッフェスタイルと気遣い料理を分けられることもあるようです。ゲストの顔ぶれやどのような雰囲気の1.5次会にしたいのかで判断すると最高の1.5次会が行えます。キャンドルサービスやケーキカットが行われた後の余興やイベント、ゲストにゲームやくじ引き大会をすることもあるようです。私は2次会しか参加したことないので機会があれば神戸の1.5次会に是非参加したいです。


いろんな方に参加してもらってにぎやかに過ごしたいなら1.5次会が神戸でできるのでそちらを活用してみましょう。結婚式には参加できなかった方も1.5次会からなら参加できることもあります。お世話になった方々に少しでも会いたいという願いを神戸の1.5次会なら叶えることができますのでぜひ。

HEADLINE

男女

楽しかった1.5次会

最近参加した神戸の結婚式の中でも、私が特に印象に残っているのが、友人夫婦の開いた1.5次会です。雑誌などで、よく1.5次会という言葉を目にする機会はあったのですが、実際に参加してみて、その楽しさに感動しました。私が参加した1.5次会は、ゲストハウスを貸し切りにして、立食形式で開催されました。参加者は、新郎新婦、家族、会社関係の方々、友人などおよそ60名ほどが参加していました。会自体も…

お花

1.5次会と2次会との違いについて

最近は結婚式は友人を敢えて披露宴に呼ばないで神戸の1.5次会に呼ぶという人が増えています。おそらく多くの人は1.5次会と聞いても何の事か分かっていないと思います。普通は披露宴に呼ばれた後は2次会に行くという風に考えると思います。ですから、そもそもこれまでに一度も神戸の1.5次会に参加した事がない人も多いと思います。では、1.5次会とはどういうものかというとそれは披露宴に参加し…

パーティ

砕けることなく参加できるのでゆったり

私が神戸の結婚式に参加するのは、会社の同僚が結婚というのが大半です。同僚からも披露宴の後の事聞かれますが、友人たちが多いのであれば2次会を開いて大いに盛り上がればよいとアドバイスしています。会社関係は上司もいるので、あまり砕けるのも良くないので神戸の会社関係だけの1.5次会を進めています。結婚は新郎新婦お互いにめでたい事ですが、一つのお世話になった方への感謝もあります。友人ならまだしも会社の…

グラス

1.5次会を行なってみるか検討中

もうすぐ挙式を挙げるため、現在様々な神戸のブライダルフェアなどに参加中ですが、最近神戸で1.5次会ができる所があるということを初めて聞きました。2次会ではなく、1.5次会?と思って話を聞いてみると、披露宴と2次会の中間にあたるパーティのようです。そういえば都心のレストランで1.5次会貸切やってますという看板を見たことがあるなと思いました。パーティの内容は自分達でかなり色々決め…


TOP

Copyright © 2016 神戸でラフ過ぎない披露宴のような1.5次会をオススメする理由 All Rights Reserved.